オリンピック【玉井陸斗】の恵まれた環境!超一流のコーチやチームメイトに囲まれて育った天才

2019年4月21日、日本室内選手権が東京辰巳国際水泳場で行われ、12歳の玉井陸斗選手がシニアデビュー戦で史上最年少優勝を達成しました。

玉井陸斗選手が本格的に10mの高飛び込みを始めたのは、昨年の5月だそうです。

瞬く間に日本一に上り詰めたその強さのもとは何なのでしょうか。

たった1年でトップアスリートに成長させた、玉井選手を取り巻く環境やコーチについて調べてみました。

スポンサーリンク

玉井陸斗選手のプロフィール

出典:朝日新聞

玉井陸斗(たまいりくと)
生年月日:2006年9月11日

年齢:12歳
(中学1年生 ・2019年5月現在)

出身:兵庫県宝塚市

身長:143cm

体重:36kg

所属クラブ:JSS宝塚

出典:荒井祭里Instagram

玉井選手は3歳からJSS宝塚で競泳を始め、小1の時に飛び込み教室を体験してはまり、飛び込みに転向したそうです。

”ノースプラッシュという、入水の際にしぶきが立たない技ができると快感なのだ”と言っています。

小5から本格的に高飛び込みに取り組み、2018年夏のジュニアオリンピック高跳び込みで優勝しました。

そして、今大会がシニアデビュー戦だったというから驚きです。

スポンサーリンク

今回の優勝はこれだけすごい

2位に60・55点差をつけて圧勝した玉井選手。

玉井選手のこの日の総合得点は474・25点で、唯一、日本水連が定めた派遣選考基準A(主要国際大会8位相当)の463点を上回っていました。

特に圧巻だったのは、最後の6本目で、後ろ宙返り2回半2回半ひねりえび型(5255B)を完璧に決め、91・80点という高得点を出したところです。

プレッシャーのかかる場面で、最高のパフォーマンスを発揮できるメンタルの強さも証明されました。

12歳7か月での国内主要大会の優勝は、寺内健選手(38)の持つ、13歳(中学2年)の史上最年少優勝の記録を更新するものでした。

出典:Instagram

2位、3位の選手もスゴイ選手だった

大差をつけての優勝でしたが、他の出場選手のレベルが低かったわけではないようです。

2位の萩田琢馬選手(28)は、2016年の日本室内選手権で優勝し、翌年のプエルトリコ大会の日本代表選手に選ばれています。

3位の大塚千誠選手(24)は高校生の時に日本代表に選ばれており、オリンピック強化指定選手としても認定されていた実力のある選手です。

日大時代にも優勝しており、若い選手なので今後の活躍も期待されています。

これらの強者を抑えての圧勝ですから、玉井選手の実力が半端ないことが分かりますね。

国際水連の年齢制限の規定により、今年7月の世界選手権には出られませんが、9月のアジアカップではどんな活躍が見られるのか楽しみです。

JSS宝塚スイミングスクール

出典:JSS宝塚スイミングスクールHP

玉井陸斗選手は3歳の時から、JSS宝塚スイミングスクールに通っているそうです。

ここで日々どんな練習を行っているのでしょうか。

どこにあるの?

兵庫県宝塚市川面1-176

阪急宝塚線「清荒神」駅で下車して、徒歩3分のところにあります。

このスイミングスクールに通えば、玉井陸斗さんに会える?かもしれないですね。

誰でも通えるの?

JSS宝塚スイミングスクールには、

・ベビーコース
・ジュニアコース
・選手育成コース
・強化コース(トップ選手のみ)
・成人、レディースコース
・マタニティコース

などのコースがあり、誰でも通うことができます。

飛び込み界のレジェンド、寺内健選手(38)は、生後7か月から、JSS宝塚スイミングスクールに通い、オリンピックに5度出場するまでの選手になっています。

出典:荒井祭里Instagram

玉井選手は小学5年から本格的に『強化コース』に入り、スパルタ指導を受けているようです。

寺内選手以外にも、世界で活躍するトップ選手を多く輩出している『強化コース』にはどんな指導者がいて、どんな練習が行われているのでしょうか。

玉井陸斗を育成したのは誰?

初代コーチは辰巳楓佳さんだった


出典:アジア競技大会HP

玉井選手が小学5年生まで、辰巳楓佳(25)さんがコーチを務めていました。

辰巳楓佳さんは、世界選手権の日本代表を務めた経験もある実力者です。

辰巳さん曰く、「大事に大事に、王子様のように育ててきた」そうです。

出典:翼JAPAN HP

「109Cは最初から形になっていた。ロケットのような成長速度」と、辰巳さんがうなるほど、玉井選手のセンスの良さと身体能力の高さは、目を見張るものがあったのでしょうね。

109Cとは?
前宙返り4回転半抱え型の通称。
世界でも、高難度の大技で、この技をできる女子は、世界で板橋美波選手ただ一人と言われるほど、難易度が高い。

現在のコーチは馬淵宗英
(まぶちすうえい)氏

出典:アフロスポーツ

小学5年生から強化コースに入り、寺内健選手や板橋美波選手が師事する、馬淵宗英氏から指導を受けるようになりました。

馬淵宗英氏は、飛び込みのトッププレーヤーを数多く育成してきた実績があり、日本代表のコーチも務めています。

娘さんは馬淵優佳さんで、競泳の瀬戸大也さんと結婚されたことで話題になりました。

出典:Instagram

かなりのスパルタ指導のようで、辰巳楓佳さんは現役時代、「飛び込む怖さよりも、ためらってることで怒られる方が怖い」と取材に答えていたほどです。

板橋美波選手も、「よく声がかれないなというぐらい怒られた。2週間の合宿中、毎日泣いていた」とインタビューに答えていました。

とにかく厳しい言葉で押し上げていくのが馬淵流の指導の1つのようです。

世界で活躍できる実力をつけるために、一般人には考えられないような厳しいトレーニングを日々こなしているのでしょうね。

スポンサーリンク

馬淵宗英が育てたトップ選手

JSS宝塚で長年コーチを務める馬淵氏ですが、これまでに育て上げてきた飛び込み界のトッププレーヤーの数に驚かされます。

五輪出場や数々の大会での優勝、最年少記録の更新など、指導力の高さを裏打ちする、育成してきた選手の実績を一部紹介したいと思います。

五輪出場5回を誇る、寺内健左が寺内選手  出典:時事ドットコム

JSS宝塚スイミングスクールで生後7ヶ月から水泳を始める。

 

宝塚市立光ガ丘中学校2年生の時に、日本選手権の高飛込みで史上最年少での優勝。

 

平成8年(1996年)のアトランタ、平成12年(2000年)のシドニー、平成16年(2004年)のアテネ、平成20年(2008年)の北京オリンピックに出場。

 

平成9年(2001年)の世界選手権では飛込競技で日本人初のメダルを獲得。その他受賞歴多数。

日本の飛び込み界のレジェンドである寺内選手は、玉井選手のことを、

「(世界最強の)中国人選手を倒せる。同年代でこの難度を、このクオリティーでできる選手は世界にいない。初めて高飛びで世界チャンピオンを目指せる選手」

「一気にスーパーアスリートになった。強みはスピード、筋力、感覚、練習への向き合い方。僕も見習わないといけない」

と絶賛していました。

兄弟子にあたる寺内選手の最年少優勝記録を、玉井選手が更新したのですから、馬淵宗叡氏の指導力は超一流ですね。

板橋美波

2014年の日本選手権で初出場、初優勝した。当時14歳。

 

板橋選手もまた、女子の板飛び込みの最年少優勝記録を更新したスーパー中学生でした。

 

2016年2月のFINA飛込ワールドカップでは10m高飛び込みで9位になり、リオデジャネイロオリンピックの出場枠を獲得し初めての五輪代表に決まった。

 

オリンピックでは10m高飛び込みに出場し、決勝進出。

 

8位でアトランタオリンピックでの元渕幸以来となる入賞を果たした。

荒井祭里出典:サンスポ

2018年、日本選手権優勝。

 

インターハイ3連覇。

 

東京五輪出場が確実視されている日本のエース。

辰巳楓佳出典:livedoorNEWS

元日本代表選手。

 

世界ジュニア選手権優勝やアジア競技大会7位の実績がある。

 

現在は現役を引退し、JSS宝塚でコーチを務めている。

馬淵優佳

馬淵宗英の娘。

 

東アジア大会(香港)で銅メダルを獲得。

 

2012年、インターハイの板飛び込みで3連覇を達成。

馬淵氏が指導した代表的な選手を一部紹介しましたが、他にもまだ世界で活躍する選手は多くいるようです。

東京五輪では、JSS宝塚所属の日本代表選手が何人選出されるのでしょうか。

荒井祭里Instagram

玉井陸斗選手の強さのもとは?

恵まれた身体能力と最高の指導者のもと、東京五輪への出場、金メダル獲得も夢ではない、玉井陸斗選手。

トッププレーヤーと共に技を磨ける環境も、彼にとっては最高の条件といえるでしょう。

出典:荒井祭里Instagram

ですが、彼の所属するJSS宝塚スイミングスクールの施設は、高飛び込みの練習をするうえでは恵まれた環境とはいえないようです。

JSS宝塚には飛び込み競技用のプールはあるものの、1メートルと3メートルの飛板と、同じ高さの台があるだけ。

10メートル高飛び込みの練習ができる設備はない。

飛び込みの陸上トレーニングには欠かせないトランポリンはあるが、設置されている場所は屋外。

限られた環境で最大限の効果を生み出すため、そのほかにも創意工夫が施された、手作りのトレーニング器具が並んでいる。

引用:SPORTSNAVI

出典:荒井祭里Instagram

厳しい環境の中でも、やれることに黙々と取り組み、最高の結果を本番で出せるよう、馬淵氏の指導のもと日々厳しい練習に励む。

玉井陸斗選手、JSS宝塚の選手の強さのもとはこんなところにあるのかもしれませんね。

東京五輪出場に向けて、9月のアジアカップではぜひとも結果を残していただきたいと思います。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!